TOP
 

● 2019年5月5日 「祭祀なる集団である教会」
 

あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。
そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい。

(Tペテロ2章 5節)

右のボタンを押すと、音声メッセージが流れます。
 

私たちクリスチャンの信仰生活において礼拝は中心的な存在であります。
一週間の初めは礼拝から始まり、神様の祝福も礼拝によって始まるのです。
礼拝によって私たちは神様に感謝と賛美をささげ、
神様は礼拝によって私たちに答えてくださり、み言葉をもって養ってくださるのです。
この神様と私たちが出会う礼拝を通して、
私たちが神の子にふさわしい者と変えられていくのです。
では礼拝は私たちの信仰生活においてどのような位置を占めているのでしょうか。
 

1. 教会は神の子供たちの集まりでありと同時に祭祀の集まりでもあります。
 
a. 祭祀の務めは神様に礼拝をささげることであります。
ですから祭祀なるクリスチャンはいつも祭壇を築いて神様を礼拝するのです。
礼拝を中心にしないでは神様の良い業はなに一つ起こらないのです。
Tペテロ2:5・9黙示1:6、5:10,20:6
色々な教会があるでしょう、バザーをしたり映画会、文化教室をしたりします。
しかし私達クリスチャンは礼拝に命をかけて集うのです。
ジョン・ウエスリーの証・・人生の最大の幸福は神と共にあることだと宣言した。
ヨセフは奴隷としてエジプトに売られるが何処にいても
神様に忠実に従い恵まれた人物だった。この幸せを悟らないで、
世的な、肉的な喜びで、満足をもって幸福を得よう、感じようとしてはいけません。
それは最後には放蕩の末堕落した者となるのです。
 
b. 礼拝の中心的存在はなんでしょうか
それはイエスキリストです。ヨハネ1:18。
ところがイエス様は十字架のみ業以降天に帰られたのです。
今はイエス様を中心にイエス様を対象とする礼拝は・・
 
c. 今日聖霊様に向けられなければなりません。ヨハネ14:16、18
 
Copyright (c) Osaka Christ Glory Church. All Rights Reserved.