TOP
 

● 2015年4月26日 「不信仰と戦う」
 

しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、
これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。
私はこう確信しています。
死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、
力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、
私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。

(ローマ 8章37〜39節)

私たちクリスチャンは悪しき霊と戦う者ですが、悪魔と戦って人は誰も勝利する者はいません。
悪魔は罪を犯した人を死と罪の呪いの中に閉じ込めているからです。
誰ものこの呪いから逃れることはできないのです。
もし勝利をするとすれば、イエス様が十字架のみ業で勝利を信じる私たちに勝利を取らせてくださったということです。
では私たちの戦いはどこにあるのでしょうか、それは私たちが主を信じない不信仰との戦いであります。
 

1. 新しくされたことを信じる
 

多くのクリスチャンは信じた時に新生したことを信じることができなくて、元の罪の中に生きてしまうのです。
私たちの霊とともに聖霊様が臨在して新しい命で生きるようになりました。
しかし魂がクリスチャンとしての考え方、生き方を受け入れがたい状態なのです。
その時しっかりと期待して魂の目覚めを待つのです。
 

2. 神様の子とされた
  信仰を持った時に、父なる神様の家族に迎え入れられたのです。
この世と悪魔は私たちが信仰持ったことで罪の中にいないことを認めたのです。
ですから私たちに悪を持って働きかけることができないのです。
 
3. 神様のみ名を使う
父なる神様はその子であるクリスチャンが幸福であることを願っていますが、多くの場合素直に願わないのです。
神様はみ子イエス様の十字架のみ業を持って私たちを受け入れてくださいました。
ですからイエス様のみ名を通さなくてはならないのです。
 
4. 義なる存在
神様はクリスチャンを義なる者とみておられます。
それは穢れたものは何もない存在で、罪の呪いである死とこの世の呪いとは関係のないものになっているのです。
もし悪魔の罠にかかり罪の縛りに捉えられたとしてもあわてずに神様の救いを待つなら救い出されるのです。
 
Copyright (c) Osaka Christ Glory Church. All Rights Reserved.